Copyright 2001-2004 株式会社ウィズダムテック

WisdomTex Mark
WisdomTex


新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特許論文

関連サイト

ウィズダムの目


トップページへ

English Page

ウィズダムの目2004年2月号 

2月のCD


 音楽を聴く暇はありますが、買う時間がなかなかとれませんので、これ から紹介するCDは以前買っていても紹介するのを忘れたものです。まず、例のようにジャズでは、マイルス・デビスの名作であるジャズトラックの音楽であ る、死刑台のエレベータのCDです。このオープニングの衝撃的なトランペットソロはマイルスの作品でも非常にユニークなものです。録音は1957年であ り、その後の不朽の名作"マイルストーン"の前年にあたります。映画の場面を見ながらのインプロビゼーションということで、ドラムのケニークラーク以外は フランスのミュージシャンです。この映画音楽は聴きやすさと新しさを感じる内容です。すでにこの頃からマイルストーンの感じの音になっており、モード奏法 などが取り入れられたアドリブです。
 このモード奏法で思い出すのが、まつたく違うカテゴリーですがグレゴリアン聖歌です。日本の歴史でいうと平安時代頃に生まれた音楽ですが、透明感のある 歌声、歌詞はラテン語で、ミサに関連しています。この音楽を聴くときは広い空間で聞くことをすすめます。音響の響きなど、教会の中にいるような感じで聞く ことができるからです。この中の音階かモードに近いものです。ですからマイルスの音楽のもつトランペットの音の透明感はそうした音階からくるものなので しょう。

grego
「Gregorian Chants」

 ジャズで紹介するCDは、ニルス・ラン・ドーキーのトリオ・モンマルトルです。あまり知られていないピアノトリオですが、演奏の曲目がいいものが多く、 つい買ってしまったというCDです。とくに、ベサメ・ムーチョが演奏曲目にあるものはたいてい買ってしまいます。これはある種の聞き分けをするための曲と なっているからだと思います。やはりこの曲で名演はアートペッパーでしょう。再起してのアルバムは最高の演奏でしたが、そのあと数年でなくなりましたね。 そのレコードはもっていますがそのCDはでていませんね。その他、アランフエス協奏曲やスペインなどの名曲が収められています。


 それからすこし変わったCDでは、アリゾナのスーパーコンピュータ2003に出席したときに購入したのがナカイというインデアンが演奏する縦笛の音楽で す。インナーボイスというタイトルです。会議中にも聞きましたが、いわゆる癒し系の音楽です。その土地の音楽のCDを買うというのもよいことだと思いま す。音による旅の記憶をとどめるということですが、このインデアンミュージックはあたりだと思います。このインナーボイスは懐かしい音の音楽です。素朴で ありながらきれいなメロデーラインをもっています。縦笛にオーケストラのバックですが、バランスのよい音楽を構築しています。どうです、あなたは旅行中に その土地固有のCDをお持ちでしょうか?


WisdomTex.com



Copyright 2001-2003 WisdomTex Ltd. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新 着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック