Copyright 2001-2003 株式会社ウィズダムテック

WisdomTex Mark
WisdomTex


新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特許論文

関連サイト

ウィズダムの目


トップページへ

English Page

ウィズダムの目2003年9月号 

9月のCD

ピアノトリオでよい物はと言われる方に、お勧めなのが、ヨーロッパジャズトリオです。クラシックを残しつつジャズの良いところを演奏するトリオですが、その路線に近いのが、ニューヨークトリオです。このニューヨークジャズトリオのCDはこれで4枚目だと思いますが、はずれはありませんピアノはビルチャンプ、バックのレイレオンハート、ドラムはビルスチュアートです。選曲もよく、聞いてあきのこないピアノのアドリブ、それに、一見はぶっきらぼうにみえるビルスチュアートのドラムは乾燥した音色のドラムソロが楽しくきけます。この演奏曲で好きなのは、In a Sentimental Moodです。以前、トミーフラナガンの演奏もあり、この曲そのものが好きなのです。


それから変わった名前で買ってしまったCDが、ピム・ヤコブストリオです。名前からしてオランダで、ジャケットの写真もKLM機のまえに3人が立っているというもの。裏側のピムの写真はマフィアの親分のような風貌です。このようにまったく知らない人のCDを聞くのもスリルがありますね。音色はジャズクラブで聞くような感じのもので、曲も枯葉など聞きやすい選曲です。ドラムも抑えたもので、全体として聞きやすいピアノトリオです。録音はアナロク版をデジタルに変更したようですが、古い録音にもかかわらず、聞きやすい音色のピアノジャズと言えます。こういう知らないがアナログ版の復刻版もよいものにであうと嬉しいですね。


その他、ハロルド・メイバーントリオはヴィーナスレコードのCDである。ヴィーナス版は全体として、音のメリハリがあり、ジャズピアノは特に、よく響きます。このCDのジャケットはローランド・ハナの夢のジャケットに似たセクシーなものです。演奏曲目はスタンダードが中心です。ドラマーのファンズワースという人はしりませんが、なかなかセンスのある歯切れよいリズムの持ち主です。100ゴールドフィンガースというピアノジャズのDVDの中で演奏していますが、ビッグスタープレイヤーに囲まれあまりめだちませんでした。しかし、マイフェバレットシングのようなアップテンポでもなかなか楽しいアドリブを演奏しています。



もう一つまったく知らないバットプラスビスタスというロックビートのジャズトリオもかわったアンサンブルのピアノトリオです。伝統的なジャズピアノトリオとは異なる演奏やリズムをきくのもいいものだという印象がこのピアノトリオです。





WisdomTex.com



Copyright 2001-2003 WisdomTex Ltd. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新 着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック