Copyright 2001-2003 株式会社ウィズダムテック

WisdomTex Mark
WisdomTex


新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特許論文

関連サイト

ウィズダムの目


トップページへ

English Page

ウィズダムの目2003年5月号 

5月のCD

レコードを持ついても買いたくなるCDもあるというのがこのtime版の「ブッカーリトル」です。


艶やかな音色、自由なアドリブ、クリホードブラウンを思い出す音色です。この人も早死にでした。23歳で、尿毒症で死んだのです。このクインテットのピアノはトミーフラナガン、ベースはスコツトラファロ、ドラムはロイ・ヘインズです。ドラムのロイ・ヘインズはセンスのある左手の使い手、それにビートが複雑な音色です。チックコリアのマトリックスで共演していますが、そこでも複雑なビートをきざんでいます。昔、来日したときに生の演奏をききましたが、そのときのフォーバースのドラムソロは絶品でした。とくにフットワークがよく、ハイハットとベードラの見妙なコンビネーションで、おどろきのドラムでした。それは40年まえのドラム合戦のときで、その他、誰がいたか覚えていませんがロイ・ヘインズだけは確かに記憶に残る演奏でした。このレコードはブッカー・リトルの気合が感じられる演奏です。演奏曲目は知らない曲ですが、みなよい曲に聞こえるから不思議ですね。ピアノのトミーフラナガンのアドリブの軽妙で、楽しく、スコット・ラファロのベースもぐんぐん引っ張る、うたうベースです。全体、何度聞いてもあきのこないCDです。
 ベースを聞いていてなにかよいベースのCDはないかと思い購入したのがロンカーターの「ゴールデンストライカー」というタイトルのCDです。



 この曲はピアノのジョンルイスの作曲です。モダンジャズクインテットだと軽妙な出だしの曲ですが、ベースでの演奏だと別の曲のようです。ロンカーターはなんでもできることを示すようなリーダーアルバムです。あまりあたりではないというのがこのCDです。
 

   
 沢野というプライベートなところからのピアノトリオ、バプテイステ・トロテノンという人の「フルーデ」という題名のCDです。CDの緑に誘われて買ったものですが、無名ながらなかなか迫力ある演奏のピアノトリオです。ドラムもベースもまったくしなない演奏家です。沢野というレーベルは以前も何枚かCDを持つていますが、なかなか新鮮なものが多いという印象です。もうすこし知られた曲を演奏するとよいと思います。多分、すべてオリジナルの曲の演奏です。たまにはこうゆうCDを聞くのもよいでしょうという感じのものですね。


WisdomTex.com



Copyright 2001-2003 WisdomTex Ltd. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック