Copyright 2001-2003 株式会社ウィズダムテック

WisdomTex Mark
WisdomTex


新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特許論文

関連サイト

ウィズダムの目


トップページへ

English Page

ウィズダムの目2003年3月号 


ネクタイについて



ネクタイというとベンチャー系の企業ではカジュアルスタイルが多いのであまり気にかけないかたが多いいかもしれませんが、筆者はネクタイが好きです。これははるか昔、経団連の石坂泰三という人が、ネクタイについて語っていたことが印象に残っているからです。つまり、石坂さんは、海外でかなり偉い人に会うときは、必ず、新品のネクタイをしていくことで、圧倒されないようにするというような内容であったのです。

どうも日本人はネクタイが貧弱でいけないというようなことを語っていたことを覚えています。それから海外にいくと、かならず2−3本、海外のブランドのネクタイを購入しておき、大学の新学期や、外部の会議にでるときは、そうした新しいネクタイをしていくということを努めている。つまり、なにかの区きりとして、仕立て下ろしの感覚で新しいネクタイをするというもので、学生には、それなりの緊張感が与えられる、服より強い印象を与えることができるのがネクタイと思われます。

それですきなネクタイは、というと、結果的には、エルメス、ブルツクブラザース、ラルフローレンという3つのブランドから選択することが多いのが分かりましたが、それだけ、色合いや柄が気に入っているということになります。ハワイでの休みの時に、ぶらぶら買い物に出かけたときに、ロィヤルマーケットセンターというシェラトンすぐとなりのビルの2階に、エルメスの店がありました。その店の2階にネクタイ売り場があり、サンフランシスコでは買い物をする時間がなく、今回の旅行ではネクタイはあきらめていましたが、幸い、エルメスの店があり、のぞいてみることにしました。
 
n1
エルメスのネクタイのパンフレット

いまはやりの動物絵柄がありますが、エルメスの柄では、カンガルーや象、さらに熊のような動物の柄が、きれいな赤や黄色のなかに浮かんでいるような柄で、フルガモやその他のブランドにはない特徴があります。しかし、エルメスの絵柄の特徴は、かぎ型や円形の柄がうまく連続して、独特の柄を作り出しています。それに、エルメスには、ネクタイにもその年の秋と冬の柄の見本があるのです。それをみてオーダーすることもできるのです。それでは、エルメスのネクタイを見てみましょう。大体が、ブルーのシャツに合わせています。こまかい星の中に、違う色の星があり、それが浮かぶようでおもしろい効果の柄となっています。紺のジャケットとブルーのシャツの組み合わせによさそうなネクタイです。
地がブルーの他に、黄色の地に星柄のネクタイもあります。これも紺系のスーツにブルーのシャツに合いそうなネクタイです。

n2
n3

 
いま筆者が気に入っているのはブルックブラザースのネクタイで、ピンクの地に丸い赤の柄のあるネクタイです.これらは,よく使っているので、だいぶくたびれてきました。似たような柄で、やはりブルックブラザースのネクタイで、ピンク地に青い魚がはねているような柄もすきです。これは昨年、シアトルにあった記憶しているブルックブラザースで購入したネクタイです。

n4
n5


赤い地のネクタイではJALの機内で購入したブルガリのネクタイもありますが、生地がしこし厚手で、絞めにくいネクタイですが、柄そのものは気に入っています。ただ、あつめの生地なので、ネクタイの結び目が大きくなり、バランスよくネクタイを結べません。ブルガリは値段が少し高めで、あまり持っていません。それと、やや年配の人をターゲットにしているようで、国会議員さんがテレビに映るときに、あれはブルガリのネクタイとわかるので、筆者自身はそれほど好きなブランドではありません。もちろん時計や宝石類はすばらいいデザインのものが多く、ウインドウショッピングで見るだけということが多く、購入にはいたりません。

n8
ブルガリ
n6
エルメス
n7
フェラガモ
n9
リバティ
n10
クリケット
n11
お気に入りのネクタイたち




WisdomTex.com



Copyright 2001-2003 WisdomTex Ltd. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック