Copyright 2001-2003 株式会社ウィズダムテック

WisdomTex Mark
WisdomTex


新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特許論文

関連サイト

ウィズダムの目


トップページへ

English Page

ウィズダムの目2003年2月号 


ジャズCDの紹介


前の号では、ハンクジョーンズを紹介しました。ピアノの感触から似ていて、それでつい最近の発売されたソニークラークトリオとクールストラッテンを紹介しましょう。

ピアノはソニークラークです。もちろんオリジナルのブルーノートジャズのレコードももっており、これほどよく聞いたレコードもないくらいです。たぶん、この「クール・ストラッティン」(Amazonへ)はジャズのベストセラーに入るレコードと言えます。それが廉価版のCDにでたのですから、嬉しくなります。ベースはポールチャンバース、ドラムは、ヒリージョージョーンズです。ポールチャンバースのいきいきとしたベースのバック、ヒリージョージョーンズのドラムの見事さ、とくに、シンバルワークは絶品で、ピアノからベースへのソロパートに移るとときの緊張感はみごとまでに受け継がれています。

 

クールストラッティンというブルースの曲でのクラークそしてヒリージョージョーンズのドラムは見事で、こんなに楽しく盛り上がる曲はないと思います。その他のプレーヤーであるトランペットのアートファーマーも輝いていますし、アルトサックスのジャッキーマクレーのソロもよく歌っています。いわゆるハードバップという演奏では最高に楽しく、誰もが聞けるジャズということです。ソニークラークもヘロイン中毒で不幸の内に世を去りましたが、このジャズの2枚は永遠にその名前を残すと思います。



しかし、このソニークラークがピアノででているCDを偶然に買いました。それはソニークリスという白人のアルト奏者で、なんとこの中で聞きなれたピアノアドリブを展開しているソニークラークがいます。このCDの中のサマータイムも迫力がありますが、やはりピアノのバックがよいと全体としてのハードバップの感じが強まります。このソニークリスという人も1977年に11月にピストル自殺で、人生の幕を閉じてしまいました。サマータイムの次の、メモリーオブューもよい演奏で、このCDをよく聞いています。いわばこの3枚はハードバップの系統のジャズですがいずれも緊張感とリズム感にあふれたよいCDで元気になるジャズ音楽と言えます。

しかし、やはりピアノトリオでよい物はと言われる方に、お勧めなのが、ヨーロッパジャズトリオです。あまりクラシックを残しつつジャズの良いところを演奏するトリオです。バックのベース、ドラムはきちんとリズムをキープするタイプで、ピアノのマークバンローンのリリックなピアノに加えて、ジャズらしい音づかいの進行は仕事の邪魔にならない心地よい音楽となっている。このヨーロッパジャズトリオはすでに結成され16年で、本国のオランダより日本のほうが人気があり、また、CDも数多く、それぞれよいCDとなっている。いままでのクラシックなジャズでは、オイゲン・キケロという名手がいたが、あまりにクラシックに近く面白みがなかったが、このヨーロッパジャズトリオは、ジャズのクラシックの香りをしながらジャズというめづらしく調和のとれたジャズとなっている。


Adagio, Switch,Immortal Beloved,The Jewels of MadonnaなどすべてあきのこないピアノトリオジャズのCDと言えよう。ある時期この5枚を毎日飽きることなくききながら、本を読んだり、論文を書いた記憶があり、非常に仕事を進めることができるジャズのピアノトリオである。これは本当におすすめのCDである。







WisdomTex.com



Copyright 2001-2003 WisdomTex Ltd. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック