東京理科大学情報メディアセンター



蛋白質の視覚化

GRIDコンピューティング環境

画像からの緑内障診断

東京理科大学情報メディアセンターは,平成9年度文部省(現文部科学省)の私立大学高度化推進事業の学術フロンティアプロジェクトに採択されたことにより研究が開始され,第1期5年が終了し、第2期へ継続(平成14年11月29日付け,代表 溝口文雄)となりました.第2期の研究課題は"バイオインフォマティックス"です.この課題では,第1期の成果である、データマイニング,エージェント技術,データの可視化技術,リアルタイムのサービス技術,そしてセキュリティ技術を生かし,生命情報,薬学情報,医療情報を対象にグリッドコンピューティングを活用します.これらの新しいバイオ情報処理のための技術の開発と産業の創製を目標にして、理科大学の関連の先生方を集結し,研究を進めていきます.なお,このプロジェクトに関して,IBMよりShared Shared University Research (SUR) Award受賞 (詳細)によって援助を得ています.

東京理科大学 情報メディアセンター長
学術フロンティアプロジェクト代表
溝口文雄

English page is here.

coe
SunによるPress Release

TOPICS
SUN ERC2003の中で、東京理科大学情報メディアセンターが、日本で初のSun COE (Center Of Excellence)に選定されました。(詳細)

平成14年12月20日 センター長(溝口文雄)が,Grid環境でのライフサイエンスプロジェクトが評価され,IBM Shared University Research (SUR) Awardを受賞しました. (詳細)
情報メディアセンター発ベンチャー企業 WisdomTex のインターネット誌「ウィズダムの目」の2003年1月号が公開されました.
  東京理科大学野田図書館 /オンラインジャーナル(学内のみアクセス可能)