株式会社 ウィズダムテック
WisdomTeX, Inc.




2018年 新 春 へ のメッセージ

 


株式会社ウィズダムテック 
代表取締役社長 溝口 文雄
"新しい人工知能はホワイトボックス型の
問題解決を目指そう
"
 
 
 
  昨年の私の挑戦は新しい人工知能のアプリケーションの発見でした。その一つは運転におけるヒヤリハットの事故を防ぐ常識利用でした。この常識推論は人工知能の古くからの課題です。新しい挑戦といっても以前の考え方を適用しただけかも知れませんが、問題が新しくなるという事で、あらたな解決が得られる事になると思います。

その為にはどのようなデータがあるかの観察と、実際に自分でデータを収集する事が必要です。つまり、問題の発見には実践的にアプリケーションの対象への深い理解と、どのように解決するかの様々な試行が必要です。人工知能の方法を適用するには様々な試行実験や実際に対象への深い理解が必要なのです。

現在はコンピュータも使いやすく、またプログラム言語も色々利用できるので人工知能の考え方を適用するには良い時代です。プログラムもできるだけ少ないコードで書く事にこだわるとすると、今までの経験から論理型言語や制約言語を使う事を試みると良いと考えています。なぜなら問題を解決する部分がプログラム言語に内蔵されているからです。論理は古くからの形式で論理型言語は自然に問題を記述する事ができ、関連する本も多く出版されていて参考になると思います。

人工知能は、もはやコンピュータを使う事と同じ意味になりつつあります。それほど色々な道具だてが開発されているのです。その為対象となる問題は、何が新しいかがなかなか見つかりにくいのです。問題が分かればどのように解決するかは自然と導かれると思われます。普通に我々が行っていることが問題で、常識推論といっても常識はなんであるかをいちいち考えなくても自然と常識を持ち、それを我々はきちんと使っているのです。

今、碁や将棋に強い人工知能が話題になっていますが、なぜ強いかの説明がないのは、深層学習という方法をとり、なぜかを説明できないブラックボックス型の人工知能の方法だからです。それに比べて論理をベースにする人工知能はホワイトボックス型の人工知能の方法で、なぜ良いかのプロセスが論理的な筋道として良く分かります。人工知能が脅威になるというのはブラックボックス型の人工知能だからです。

我々が目指すのはホワイトボックス型の人工知能で、自らがよく説明してくれる能力を持つものなのです。その一つの研究として、例えば小型カメラを使用して、ドライバーの知覚として道路の状況を撮影し、知覚と運転との認知的関係についてのテーマを進めていきます。また、こうした研究成果を今年カリフォルニア・バークレー校で開催されるICCI’CC2018国際会議で発表する予定です。

 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
    

                      2018年 元旦


※ 本サイト及び内容等へのお問い合わせは, webadmin@wisdomtex.com までお願いいたします.
Copyright, WisdomTex, Inc. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.  Copyright,株式会社ウィズダムテック