Copyright,  株式会社ウィズダムテック





新着情報

サービス一覧

新聞雑誌記事

特 許論文

関連サイト

トッ プページへ

English Page




中国携帯市場調査


  • はじめに
中国のカメラ付携帯電話の普及率や価格は,Skin-Expertの中国展開において, 重要な課題となる.現在の普及率,価格,また予想される将来の状況を把握し, 中国展開の課題を明確にする.
  • カメラ付携帯電話の普及率
中国でのカメラ付携帯電話の普及率を調査する.また,潜在的なカメラ付携帯 電話のユーザを調べ,何がボトルネックとなっているのかを調査し,将来のカ メラ付携帯電話の普及率を予測する.

カメラ付携帯電話保有率:5%
(株式会社サーチナ 2004年4月27日〜5月27日調査 より)

「カメラ付き携帯を購入しようと思いますか?」:
欲しい:20%
価格が下がれば:40%
携帯電話の買い替え予算:
1001〜1500元が全体の3割以上
回答は総じて2500元以下に集中.
上海新秦信息諮詢有限公司(上海サーチナ)

中国でのカメラ付携帯電話の普及率は5%と,普及しているとは言い難い.潜 在的なユーザは,かなり多いようであるが,カメラ付携帯電話の価格がボトル ネックとなるようである.実際に,カメラ付携帯電話の価格を,中国の平均的 な所得と比較しながらみていく.

価格:
10万画素:2000元〜(30000円〜)
30万画素:3000元程度〜5000元(45000円〜75000円)

〜参考〜
カメラ無し携帯電話(中国):800元〜(12000円〜)
デジタルカメラ(中国):500万画素で4,000元程度(60000円程度)
カメラ付携帯電話(日本):100万画素以上でオープン価格は2万円程度

所得:
平均年収:2.55万元
平均月収:2215元 広東省・深セン市(中国トップ)
広東省・深セン市労働・社会保障局より

中国のカメラ付携帯電話の価格は,平均的な月収とほぼ等しく非常に高価な印 象である.また,搭載されているカメラも,10万画素,30万画素程度である. デジタルカメラは,500万画素のもので,4000元(60000円)程度である.消費 者にとっては,通話機能,メール機能などが付いても,カメラが低画素では, 高画素の安価なデジタルカメラを購入してしまうだろう(現在,中国ではデジ タルカメラの低価格化が激化している)
(2004年10月に,ソニーエリクソン製の130万画素メガピクセルカメラ 搭載型が中国で初めて発売される予定)

ローエンド志向:
中国では,通話料や通信費などでも市場全体がローエンド志向であり,カメラ 付き携帯の普及に歯止めをかけている.低価格,高画質化へと向かうデジカメ 人気が逆にカメラ付き携帯の普及を阻んでいる.
  • 通信機能
デジタルカメラには無いカメラ付携帯電話の特徴としては,撮影した画像の転 送機能がある.しかしながら,画像のようなサイズの大きいデータを転送する ためには,それなりの高速データ通信が必要となるであろう.中国の携帯電話 は,GPRS や CDMA 1x などの高速データ通信を利用することが可能である.し かしながら,カメラ付き携帯の大半にはこの機能が搭載されているが,ミドル クラスの携帯には備わっていないものが多い.また,カラー液晶もいまだ完全 には浸透しておらず,中国の携帯ショップの中には,モノクロ液晶の携帯電話 を見かける.現状では,カメラ付携帯電話を購入しても,友人同士で撮影した 画像を転送することができないようである.
  • カメラ付携帯電話の値下げ
海外の携帯電話メーカーの低価格攻勢:
2004年,中国市場に対して国産携帯価格に接近するほどの低価格攻勢
(ノキア,モトローラ,ソニーエリクソン,サムスンなど)

国産シェア率:
03年:54%
04年上半期(1〜6月):48.1%
(国産携帯メーカーは少なくとも3000万4000万の在庫)

国産メーカー:
価格競争力の低下
国産携帯電話メーカーの開発能力不足
(多くの国産携帯電話メーカーは,モジュールやコアチップレベルの開発を行っていな いことが指摘されている)

2004年10月1日の「国慶節(建国記念日)」とその後に続く十一大型連休を狙 い,国産携帯電話メーカーが大量に発生している在庫を整理するために値下げ に踏み切る.それでも状況が打開できなければ,業界再編につながっていく可 能性も出てきている.(上海青年報)

潜在的なカメラ付携帯電話ユーザは比較的多い.海外メーカーの低価格攻勢に よって,ボトルネックとなっている価格が低化すれば,普及率が急激に伸びる 可能性もあるであろう.
  • おわりに
Skin-Expertの中国展開において,最大の課題となるであろう,中国のカメラ 付き携帯電話の状況を調査した.現状では,潜在的なユーザは多いものの,カ メラ付携帯電話は普及しているとはいい難い.ボトルネックとなっているのは 価格で,平均的な中国の月収とほぼ等しい(もしくはそれ以上).

また,比較対象となるデジタルカメラの価格破壊が,さらにカメラ付き携帯電 話の普及に歯止めをかけているようである.しかしながら,海外携帯メーカー の低価格攻勢によって,中国の携帯電話の低価格が進み始め,普及率は一気に 高まる可能性もある.

付録



WisdomTex.com



Copyright, WisdomTex Inc. Meguro Meguro-ku, Tokyo, Japan. All rights reserved.

| ホーム | 新着情報 | サービス一覧 | 新聞雑誌 |
| 特許・論文 | 関連サイト |
| WebRatingサービス |

株式会社ウイズダムテック